お急ぎの方は電話で相談 (平日9時~18時) 0120-31-4192

荷主探しが全自動!ドラマッチを使って、待っているだけでマッチングしよう

2020/06/23
送料が安い!運送会社を検索・荷物の依頼ができるドラマッチ

従来の配送マッチングサービスのシステムについて

配送マッチングサービスは、ドラマッチ以外にもトラクルGO、ピックゴーなど複数の企業が提供しています。 仲介手数料が安いもの、単発案件に強いもの、自分で好きな案件だけ選べるようなものまでさまざまですが、 運送会社やドライバーが案件を検索して荷主に交渉を行うようなシステムが一般的でした。

自発的に荷主探しが行えるというメリットがある一方、忙しい業務の合間を見ながらこまめに検索する必要があるというデメリットもあります。 また、荷物情報を細かく指定して検索しても自社の希望と一致する案件がなかったり、 車両設備や配送エリアがそもそも適合していない案件ばかり表示されたりすることもあり、 「せっかく検索しても案件がない」場合もあります。つまり、「荷主の検索を行う」という時間そのものがロスとなり、 業務の手を止めることにつながってしまうのです。

ドラマッチを使うと、全自動で荷主を探せる

ドラマッチは、荷主探しが全自動で行えるのが大きな特徴です。 運送会社やドライバーが自分で検索する必要がなく、自社の条件に合った荷物情報のみが配信されてくるため、 こまめに検索をかける必要がありません。

このシステムは、「荷主が荷物情報を登録すること」と「条件にマッチした運送会社へ荷物情報が一括送信される」ということにより成り立っています。

まず、荷主が荷物情報を登録します。発着地や見積受付期限など必須情報はもちろん、荷種や温度帯などを細かく入力していきます。 次に、ドラマッチに登録してある運送会社の中から荷物ごとの条件にマッチしている業者が自動検索され、荷物情報が一括送信されます。 運送会社は届いた荷物情報をチェックし、自社で担当できる案件かどうかを判断の上、金額や詳細について荷主に直接商談をすることができますので、 荷主探しに関わるロスを大幅に削減することが可能です。

実際にどんな荷物情報が届くのか

では実際に、どんな荷物情報が届くのが確認していきましょう。

登録画面

荷主は、上記のような荷物情報を登録します。「出発の日付、時間、住所」「到着の日付、時間、住所」「温度帯(冷凍・冷蔵もしくはドライ・一般貨物)」「荷種」「配送形態(チャーターもしくはケース単位での配送となる積合)」「車種」「税別希望運賃」「高速利用の可否」「依頼内容備考」「見積受付期限」の10項目です。

この情報を元に、ドラマッチに登録してある運送会社の中から条件にあった業者が自動マッチングされます。マッチングされた運送会社にのみ連絡が届き、そこから交渉が開始となります。

荷種選択画面

荷種の種類設定も豊富に用意されていて、13種類の中から指定されます。事務用品、印刷物、燃料、生コン、衣料品、食品、建材、薬品、危険物、雑貨、舞台セット、さんぎょうはいぎ、日用品とありますので、自社が取り扱っていない荷種については連絡が届きません。

車種選択画面

車種は、6種類の中から選択されます。重量問わず、軽貨物、小型車、2トン・3トン車、4トン車、10トン車の中から選ばれますので、自社の車両設備に合わせて登録をしておきましょう。

ドラマッチに運送会社情報を登録する方法

ドラマッチは、運送会社情報の登録が完全無料で行えるのも大きなメリットです。 ドラマッチHPの下部に、「掲載ご希望の企業様はこちら」という欄がありますのでそこから登録、 またはページの右側(スマートフォンはページの下部)にある問合せフォームから掲載希望にチェックを入れて必要事項を入力、送信しましょう。 すぐにコンシェルジュから連絡が来ます。

問い合わせ画面
登録前に不明な点があれば専用コンシェルジュに相談することができます。 フォームにて相談内容を入力すれば、専任コンシェルジュからの返答が届きますので、運送会社情報を登録したい場合はもちろん、 事前に聞いておきたい内容があれば積極的に利用しましょう。

ドラマッチに登録するメリットは他にもたくさんある!

運送会社がドラマッチに登録しておくメリットは、荷主探しにかかる時間が短縮できるだけではありません。他のメリットについても紹介致します。

仲介手数料がかからない

ドラマッチで仕事を請け負っても、一切仲介手数料がかかりません。荷主や運送会社から、依頼料の5~15%程度を仲介手数料としてマッチングサイトが徴収するケースもありますが、ドラマッチは手数料ゼロで使用できます。 登録料もかからず仲介手数料もかからないため、荷主探しの手段を増やしたい運送会社にとっては嬉しいサービスです。

スポット案件以外も届く

荷物情報が届いて直接荷主と打ち合わせをする以外にも、荷主が運送会社を検索して直接商談を持ちかけてくることもあります。運送会社の切り替えを検討している、荷物量が今後コンスタントに増えそうである、より安い運送会社を探している、という荷主が長期のビジネスパートナーを探して連絡してくることもありますので、是非チェックしておきましょう。

全て無料で利用できる

ドラマッチが提供するサービスは、全て無料で利用できます。登録料も仲介手数料もかかりません。どんな案件が届くのかを知るためにも、まずは登録しておくのがよいでしょう。

【まとめ】荷主検索にかけている手間をカットし、効率よく仕事を探しましょう!

ドラマッチは、荷主にとっても運送会社にとっても「条件に合った案件を自動でマッチング」してくれるサイトです。

ドラマッチの利用によって、これまで荷主の検索にかかっていた手間を大幅にカットできるため、2020年5月11日の公開当時は659社であった登録運送会社は、6月11日現在までの1ヶ月で2,243社となるなど、3.5倍近い伸びをみせています。

荷主探しの手段を増やしたい企業は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。